TEL 082-849-5519

広島市安佐南区伴南1丁目5-18-8-301
西風新都ゆめビル

広島市,安佐南区,小児科,予防接種,アトピー,喘息,ぜんそく,子育て支援 ,子育て相談

院長のひとりごと

こころ・チャイルド・クリニックのアイチケットをご利用の方はこちらから

問診票はこちら

院長のひとりごと

MOBILE SITE

映画

  • 件 (全件)
  • 1

映画「草原の輝き」

私の好きな映画の一つ「草原の輝き」…
ナタリー・ウッドの美しさ、演技が素晴らしく、ウォーレン・ビーティのデビュー作でもある。
愛し合う二人が結ばれず、お互いに別々の人と結婚することになるのだが、
最後にウィリアム・ワーズワースの詩が流れる中、青春の終わりが訪れる。
「草原の輝き 花の栄光 
再びそれは還らずとも 嘆くなかれ 
その奥に秘められたる力を見い出すべし」
感動的なエンディング…そう20歳前後、映画館で見たときの感動が忘れられない。

2017-11-08 23:38:00

折りたたむ

久しぶりに映画館に

いつもはWOWWOW, スカパーでダビングした映画を見まくっている映画好きの私だが、久しぶりに映画館に足を運んだ。“レヴェナント 蘇えりし者”-先日デカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受賞した作品だ。狩猟中に熊に襲われ、置き去りにされ、息子を殺されて…。生き延びて復讐するサバイバルな物語なのだが、内容はともかく、デカプリオの圧倒的な存在感と演技は素晴らしかった。1997年のタイタニックは19年前のこと。41歳になりすっかりおじさんの体型になったが、卓越した演技派の俳優になったように思う。
映画館で見ると見終わった後の感動はより鮮烈で、心が洗われる気がする。できるだけ時間を作って足を運びたいものだ。

2016-05-04 21:44:00

折りたたむ

私の中の映画

映画を見終わった後には、どんな映画であれ何か心に残るものがある。架空のストリーの中に身を委ねて、登場人物になったり、その場面を第三者の目で眺めていたり…。ほんの短い時間なのだが、現実から離れて、日常の自分を忘れて、ときには笑い、ときには泣いて、終わった後に何か新しいものが自分に付与されたような気になる。水野晴郎の「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」という言葉にただうなずくばかり。私が大学3年のとき、1年間に映画館で見た映画は86本だった。よく行ったものだ、と我ながら感心する。きっかけは、当時の名画座(現在の八丁座)で上映されていた「愛と青春の旅立ち」と「グリース2」の二本立てだった。この2本は6回も映画館に足を運んだ。
これまでに見た映画で好きな映画をあげると、
「哀愁」「めまい」「草原の輝き」「陽のあたる場所」「アパートの鍵貸します」「昼下がりの情事」などである。
 

2015-04-13 21:54:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
PAGE TOP