TEL 082-849-5519

広島市安佐南区伴南1丁目5-18-8-301
西風新都ゆめビル

広島市,安佐南区,小児科,予防接種,アトピー,喘息,ぜんそく,子育て支援 ,子育て相談

院長のひとりごと

こころ・チャイルド・クリニックのアイチケットをご利用の方はこちらから

問診票はこちら

院長のひとりごと

MOBILE SITE
HOME»  院長のひとりごと»  バレーボール»  2019年ワールドカップ男子バレー

2019年ワールドカップ男子バレー

2019年ワールドカップ男子バレー

8勝3敗で4位、メダルには届かなかったが、確実に進化した。西田の大活躍により、石川と両輪になって、チームが勝ちに行く方向は見えてきた。ミドルの小野寺が安定し、対角を山内、李、高橋で競い合うことになった。かなりのレベルアップである。あとは柳田、福澤、復帰した清水が、どれだけ安定した得点源になるかだ。関田、藤井のトスアップは素晴らしかったが、よりミドルを多用することが、石川、西田の威力を発揮することになりそう。最後のカナダ戦で見せた西田の5本のサービスエースは素晴らしかった。ミスのない強力なサーブが、ここまで威力をはっきりすることを見せつけた。皆が良いサーブを持っているので、ミスのない得点になるサーブを目指すことが、メダル獲得に直結かもしれない。東京オリンピックまで9ヵ月。14人から12人にしぼられるのも、熾烈な争いになりそう。
男子バレー、感動をありがとう。そして、東京オリンピックでメダルを目指して頑張れ!
 
 

2019-10-22 10:00:38

バレーボール

 
PAGE TOP